赤ちゃんを抱く親

代理出産とはそもそもどんなものなのでしょうか

妊婦さん

子どもを望むが、子どもの出来ない夫婦が、別の女性に妊娠出産をお願いするのが代理出産です。代理出産にはいくつかのパターンがあります。1個目は娘夫婦の卵子と精子を受精させ、代理母の子宮に着床させるパターン、2個目の方法は夫の精子と卵子バンクの卵子を受精させ、代理母の子宮に着床させるパターン、3個目は精子バンクの精子と妻の卵子を受精させ、代理母の子宮に着床させるパターン、4個目は夫の精子を代理母の卵子に人工授精させ、着床するパターンです。日本ですと30代の娘に代わり、50代後半の母親が娘夫婦の卵子と精子を使って、妊娠出産したニュースを記憶している人もいるのではないでしょうか、これは1個目のパターンになります。日本では不妊治療や検査を受ける夫婦が年々増加し、2015年の調査によるとその数は5.5組に1組と言われています。代理出産を選択肢に考える夫婦も増えていると思いますが、日本では代理出産に関する法的制度が設けられておらず、禁止はされていない状況です。只、日本産科婦人科学会が原則禁止という立場のため、日本国内で代理出産を行うことは難しいです。そのため、代理出産を検討したい場合は、エージェンシーへ相談してみた方が良いでしょう。

代理出産は子供を授かるための高度不妊治療

海外では不妊治療の一つとして、代理出産があります。出産を希望していても、女性の子宮に何か問題があった場合、出産できないことがあります。子宮に問題のない他人である女性の子宮を借りて子供を授かる方法があり、子供を諦めるしかなかった女性や苦しんでいた女性が、代理出産を選択することができます。子宮が機能しなくても、卵子に問題がなければ自分の卵子を使うことができるので、自分の遺伝子がつながった子供の母となることが可能です。
代理出産を希望する場合は、エージェンシーへ相談するのがおすすめです。海外の高度医療施設と提携している、エージェンシーを選ぶと安心して代理出産の高度医療を受けることができます。代理出産は、幸せになるための手段として考えられます。
代理出産は、第三者の女性の子宮を借ります。代理出産を希望する夫婦の女性の卵子と、夫である男性の精子を体外受精させます。受精卵を、代理母となる第三者の女性の子宮に移植します。妊娠や出産は代理母が行います。代理出産は、遺伝的につながった自分達夫婦の子供を授かることができます。
代理出産の手続きだけではなく、困ったことや悩みは、エージェンシーが窓口となります。子供を授かるための高度不妊治療を受けることができます。

代理出産の参加の適応が認められる場合

代理出産は、代理出産が必要と参加が認められた人だけが受けることができます。
まず、何らかの理由で子宮を摘出した場合です。子宮に関するガンや筋腫等の治療目的、過去の出産による合併症などで子宮全摘した場合です。子宮の大部分を切除した場合も入ります。治療を行っても子宮が機能しない子宮欠損症や子宮奇形なども適応されます。
妊娠や出産に対して、着床や妊娠継続、出産が母体に負担がかかり医療上安全ではないと診断された場合にも参加が認められます。子宮機能が良くないことが原因で、妊娠をしても流産を繰り返したり不育症で悩んでいる女性も、代理出産が適応されることがあります。
代理出産では、代理母になれる女性は、子宮の健康状態を検査しています。健康を認められた人だけが代理母となることができます。そのため、安心して代理母にお願いすることができます。代理母は、出産経験者であることが条件になり、健康な赤ちゃんを一人以上出産しています。代理母は、代理出産を開始する直前に子宮の状態の検査を受けているので、子宮に関しては問題ありません。
エージェンシーでは、代理出産プログラムというものがあります。代理出産を希望するときは、エージェンシーへ相談し参加が認められた場合に代理出産を行うことができます。


質が良い医療サービスの代理出産を希望するなら専門のエージェンシーに相談してみましょう!
業界最大級のエージェンシー【メディブリッジ】は実績と成功率や価格など、あなたにあった最適なプログラムを提供していただけますよ。

Headline

  • 代理出産で代理母候補になれる女性

    代理出産において、代理母になるためには様々な条件があります。年齢による条件は、エージェンシーによって多少違いはあるものの、おおむね21歳~35歳の女性と限られています。そして、出産経験があり、今までに一人以上健康な赤ちゃんが生まれてい…

    more
  • 代理出産を希望する場合は情報をしっかり集めましょう

    代理出産は子宮や体に何らかの問題を抱えており妊娠が難しい方でも母親になれるという不妊治療の方法です。代理出産では健康な卵子さえ採取できれば代理母の子宮を借りて子供を育てることが出来るからです。婦人科系の疾患で卵巣を摘出…

    more
  • 代理出産についての情報は日本国内だけでは不十分

    最近、不妊治療を受けている夫婦が増加していることは良く知られています。さらにそれに伴って芸能時や著名人が行っている代理出産というものにも興味を持たれる方が増えてきているようです。代理出産は不妊治療の一つの方法ではありま…

    more
  • 代理出産においてエージェンシーから受けられるサポートとは

    代理出産を考えたら、信頼のおけるエージェンシーへ相談しましょう。エージェンシーは大きく分けてに2つの面でサポートしてくれます。1つは費用面です。代理出産にかかる費用は、エージェンシーの提供するプログラムによって差があります。あ…

    more